TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2018/2/6のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2018/2/6のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2018/02/05)(PDF)

●デイリーレポート
2月6日のドル/円相場は、前日のNY終盤のドル急落を受けて
109円台前半でのスタートとなり、109円割れを試す動きとなりました。
109円水準をしばらく支えられていたものの、日経平均の下落とともに
ドル売り圧力が強まり、109円を割れると108円半ばまで押し下げられる
展開となり、日経平均 が一時1,600円を超える下げとなると、
ドルも108円46銭の安値まで売り込まれました。

109円割れでは、前日のボリンジャーバンドの
バンドウォークに続けて、再びバンドウォークを形成しており、
下落圧力が強かったことが示唆されています。

しかし、欧州勢が参入してくるとショートカバーが優勢となり、
また米国債利回りの上昇もドルの支援材料となって、
ドルは値を戻す動きとなりました。
この欧州序盤での上昇でMACDが買い転換しており、
その後の海外市場でのドル反発が予想される形となっています。

NY時間に入ると、再び米国債利回りが上昇し、
米国株も下げ止まり示したことからドル買いの流れが続き、
一時109円65銭の高値を付けました。
その後、12月の米貿易収支が531億ドルの赤字と赤字額が
市場予想を上回り、2008年10月以来の大きさに拡大したことや
米国債利回りの反落を受けて、ドルは109円09銭まで軟化したものの
109円台を維持したことで、引けにかけては109円半ばまで値を戻しています。

昨日は、日本株が記録的な下げとなった割に
下値は堅く108円台半ば水準で下げ止まっており、
二番底を付けた可能性があるとの見方もあります。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドRSIMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes