TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2017/9/7のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2017/9/7のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2017/09/04)(PDF)

●デイリーレポート
昨日のドル/円相場は、北朝鮮リスクが意識され
ドルの上値の重い動きが続きました。
東京朝方は前日のドル反発の流れを受け109円台で
始まったものの、その後はドルじり安の動きが続きました。

欧州時間に入っても同様の流れは続きました。
ECBが市場予想通り政策金利や資産買入れプログラムといった
一連の金融政策の現状維持を発表しましたが、市場の反応は限定的で、
ドラギ総裁の会見を待つ形で様子見姿勢が続きました。

NY時間に入ると、ハリケーン「ハービー」の影響で
米週次新規失業保険申請件数が急増、4-6月期単位労働コスト改定値も
予想を下回り年内の追加利上げ観測が後退したことでドル売り圧力が強まり、
さらにドラギECB総裁が10月に緩和縮小の計画を発表することを示唆したため
ユーロ買い・ドル売りとなり、これにつられてドル/円でもドル売りの流れとなりました。
ドル/円は、年初来の安値を下回り、一時108円05銭の安値をつけています。

このドル下落の流れで、ボリンジャーバンドを下抜けバンドウォークを
形成しかけましたが、ドルの反発も早く不完全な形に終わっています。

明日は北朝鮮の建国記念日で同国政府がミサイル発射や
核実験を行うとの見方も強く、ドルの上値が重い環境が続くため、
108円割れのリスクには留意しておく必要がありそうです。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドRSIMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes