TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2017/8/9のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2017/8/9のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2017/08/07)(PDF)

●デイリーレポート
昨日のドル/円相場は、早朝に伝わった一連の北朝鮮関連の
報道を受け、リスク回避のセンチメントが広がり、円ショートの
巻き戻しが活発化し、110円を割り込む動きとなりました。
東京午後には、一時110円台を回復する動きがあったものの、
ドルの上値は重く、欧州時間にかけて再び109円台での推移となりました。

NY時間に入ってもドル売りの流れは変わらず、
一時109円56銭の安値をつけました。
ただし、東京、欧州、NYとドルの安値は切り下がっていましたが、
RSIをみると安値の切り上がりが確認でき、
短期反発の可能性を示していることがわかります。

その後、米4-6月期非農業部門労働生産性速報値と6月卸売在庫
改定値が予想を上回ったことを受け、ドルのショートカバーが
優勢となり、110円を回復、110円17銭の高値をつけました。
もっとも、反発したとは言えドルの上値は重く、その後は再び
下落して110円を挟んだ方向感のない動きでNYを引けています。

本日発表される米卸売物価指数が注目されており、
それを見極めたい向きが多いため、東京時間は現状の
110円近辺での模様眺めの動きが続く可能性が高いでしょう。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドRSIMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes