TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2017/6/16のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2017/6/16のドル円相場の考察

先週末のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2017/06/12)(PDF)

●デイリーレポート
先週末のドル/円相場は、東京時間から欧州時間にかけてはドルじり高の動きとなりました。
前日の大幅上昇の勢いを受けて底堅く推移し、黒田日銀総裁が政策会合後に
金融緩和の「具体的な出口を示すことは難しい」と述べたことで、
日本の量的質的緩和の出口は遠いとの見方が円売りに繋がり、
一時111円41銭まで上昇しました。

ただし、MACDは東京昼には売り転換しており、
また欧州時間にかけて価格は切り上がったものの、RSIは下がってきており
ダイバージェンスを示し、ドルの反転の可能性を示唆していました。

NY時間に入ると、5月の米住宅着工件数が109.2万戸と
市場予想を大きく下回り、昨年9月以来の低水準となり、
同時に発表された建設許可件数は116.8万戸とこちらも市場予想を
大きく下回り、昨年4月以来の低水準に落ち込みました。
さらに、5月の米労働情勢指数が+2.3と市場予想を下振れ、
同時に発表された6月のミシガン大消費者信頼感(速報値)も94.5と
市場予想を下回り、米大統領選の昨年11月以来の低水準に低下しました。
これら一連の経済指標を受けて、ドル売り圧力が強まり、110円64銭まで押し戻されました。
木曜日のドル急騰の後でもあり、利食いのドル売りが強かったとの指摘もあります。

米景気の先行き期待や、追加利上げムードが後退している状況で、
ドルの力強い上昇は期待しにくいように思われ、
今週は110円台を中心とした方向感のない相場となりそうです。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドRSIMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes