TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2017/6/13のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2017/6/13のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2017/06/12)(PDF)

●デイリーレポート
昨日のドル/円相場は、110円を挟んで、方向感の乏しい、膠着した展開となりました。
東京時間は、朝方の安値109円82銭からじりじり値を戻したものの、
110円近辺での揉み合いを続けました。

欧州時間始めに、ユーロ/円の買いにつられてドル/円も上昇し、
110円27銭まで上昇したものの、その後は軟調な動きとなり、
NY時間でも110円を挟んだ小動きが続きました。

MACDを見ると、ゼロ水準でMACD、シグナルともに横ばいとなっており
方向性を失っていることが示唆されています。

本日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では0.25%の
利上げが確実視されていますが、メンバーの景気現状認識、
その先の利上げの有無やペース、FRBのバランスシート圧縮などを巡り、
不透明感が強く積極的な売買をしにくい状況となっています。
FOMCの結果とその後のイエレン議長に声明を確認するまでは、
模様眺めの動きが続きそうです。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドRSIMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes