TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2017/6/9のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2017/6/9のドル円相場の考察

先週末のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2017/06/05)(PDF)

●デイリーレポート
先週末のドル/円相場は、東京時間朝方に英総選挙投票終了後の
出口調査で、保守党の獲得議席が過半数には届かない見込みと
伝わったことを受け、一時109円72銭まで下押ししました。
しかし、その後はコミー前米FBI長官の議会証言が無難に通過したとの見方から
リスク警戒が後退し、ドルはじりじりと値を戻し110円台を回復しました。

MACDも東京昼前には買い転換しており、
その後の上昇を示唆する形となっていました。

海外時間に入ってもドルは底堅い足取りを続け、
NY時間には一時110円81銭まで上昇しました。
しかし、NASDAQが2%超安まで下落し、
NYダウも一時マイナス圏まで下落したことを嫌気して
110円前半に押し戻されてNYを引けています。

今週は、13、14日に米連邦公開市場委員会(FOMC)が予定されています。
今回のFOMCでの利上げは確実視されており、焦点は今後乗り上げ見通しと
バランスシート縮小に対する言及と見られています。
FOMCまではやや手控えムードの強い相場が続くことが予想されます。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドRSIMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes