TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2017/5/1のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2017/5/1のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2017/05/01)(PDF)

●デイリーレポート
昨日のドル/円相場は、薄商いの中、ドルが上昇する動きとなりました。
昨日は、中国、香港、台湾、韓国、シンガポール、マレーシア、
タイなどがレーバーデー、英国、ドイツ、フランスなどが
メーデーで休場となり、日本は大型連休の谷間ということもあり
市場参加者の少ないマーケットとなりました。

東京午前では、本邦実需筋のドル買いがドルを押し上げ、
111円前半から半ばまで上昇する動きとなりました。

欧州時間スタートでは、112円を試す動きとなりましたが、上値も重く跳ね返され、
NY時間始めでは予想を下回った米3月個人所得・個人消費支出、
4月のISM製造業景況指数に失望したドル売りで111円43銭まで下押ししました。

しかし、その後ムニューシン米財務長官が、
「税制改革について米共和党議員との間で80%は合意に達している」、
「超長期債の発行は米国にとって完全に合理的となりうる」と
述べたことを受けてドルは上昇し、111円93銭の高値をつけました。

ボリンジャーバンドを見ると明確なバンドウォークが発生することはなく、
MACDもシグナルとの交錯を繰り返しており、強いトレンドは感じられません。
ただし、RSIが50以上を維持しており、ボリンジャーバンドは上下ともに
右上がりとなっておりことから、ややドル買いが優勢に見え、
薄商いが続く中、112円台への上昇が期待されます。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドRSIMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes