TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2017/4/27のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2017/4/27のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2017/04/24)(PDF)

●デイリーレポート
昨日のドル/円相場は、トランプ大統領による北米自由貿易協定
(NAFTA)離脱撤回が伝わり、安心感からドルが底堅い動きとなりました。
ただし、上値の重さも意識され、ゆっくりとした動きで上昇し
NY時間で111円60銭まで達しました。

その後、3月の米耐久財受注が前月比0.7%増と市場予想を下回り、
同時に発表された新規失業保険申請件数が25.7万件と市場予想を
上振れたことを受け、ドルは反落し111円05銭の安値をつけました。

NY引けにかけては、111円台を維持したため、
じりじりとショートカバーが入り111円前半での動きを続けました。

米景気の先行きへの期待からドルの下値は支えられているものの、
今週末の米債務上限到達を背景とした米政府機関の閉鎖に対する
懸念が強まっており111円台後半は重くなっています。

テクニカルで見ても、相場は横ばいを続けるボリンジャーバンドの中に納まっていることや
RSIが中立の50レベルで推移していること、MACDがゼロ近辺でシグナルとの
交錯を続けていることなど、明確な方向性がないことが示唆されています。

チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドRSIMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes