TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2017/4/17のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2017/4/17のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2017/04/17)(PDF)

●デイリーレポート
昨日の外国為替市場は、英国、ドイツ、フランス、香港、
オーストラリア、ニュージーランドなどがイースターマンデーで
休場となっていたことにより薄商いの中での取引となりました。
ドル/円は、東京朝方に先週末に北朝鮮絡みで緊張が高まらなかった
ことへの安堵感などから、108円97銭まで買い戻されました。
しかし、109円台はすでに重く反落し、午前11時過ぎにかけて
一時108円13銭と、昨年11月15日以来の安値をつけました。

朝方のドル高で、MACDが買い転換の兆しを見せていたものの騙しに終わっており、
その後のドル下落を示唆する形となっていたことが観察できます。

その後は、欧州がイースター休暇ということもあり
模様眺めムードが強く、108円前半での取引が続きました。

ただし、この間のもみ合いの中でMACD
買い転換しており、ドルの底打ちを示唆しています。

NY時間午後にムニューシン米財務長官が一部英紙とのインタビューで
年内の税制改革の実施を依然として考えており、強いドルは長期的には
良いことだと述べたことが伝わるとドルのショートカバーの
きっかけとなり、109円台を回復する動きとなりました。

本日は、日米経済対話や安倍首相とペンス米副大統領の会談が予定されており、
その結果を見極めたいとの思惑から模様眺めの動きが続きそうですが、
結果次第では波乱の相場も予想されるため注意が必要でしょう。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIMACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドRSIMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes