TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2017/4/13のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2017/4/13のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2017/04/10)(PDF)

●デイリーレポート
昨日のドル/円相場は、東京朝方はドルが軟調な動きを続け、
昨年11月17日以来の安値である108円73銭まで下落しました。
しかし、その後は徐々にドルが買い戻され109円台を回復する動きとなりました。

東京午前のドル下落にも拘らず、RSIは横ばいを続けており、
ドル反発の兆しが出ていたことが観察されます。
また、東京午後にはMACDが買い転換しており、
108円台が目先底であった事が示唆されています。

その後海外時間では、109円を挟む動きとなりました。
NY時間に米新規失業保険申請件数の減少や予想を上回った
4月ミシガン大学消費者信頼感指数速報値を好感したドル買いにより
109円39銭まで値を戻したものの、その後、「米国政府がイスラム国の
戦闘領域排除、施設攻撃を目的とする超強力爆弾を投下」との報道を受けて
地政学的リスク懸念が高まり109円を割り込む動きとなりました。

ドルの上値は重いものの、108円台は積極的に売り込む材料も無く、
また欧州勢がイースター休暇に入ることもあり、本日東京市場でのドル/円は
109円前半で模様眺め姿勢が強まることが予想されます。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンド、RSI、MACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドRSIMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes