TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2017/1/9のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2017/1/9のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2016/12/26)(PDF)

●デイリーレポート
昨日のドル/円相場は、東京休場の中、朝方は前週の米雇用統計後の
ドル上昇の流れを引継ぎ117円台で底堅い動きで始まりました。

しかし、欧州時間に入ると、英メイ首相が一部メディアとのインタビューで、
「欧州の単一市場アクセスの断念を意味することになっても、移民流入管理と
立法の権限回復がEU離脱における優先事項である」と発言したことから、
いわゆるハードブレグジットに対する警戒感が強まり
リスク・オフの相場となりドル/円も下落基調に転じました。

欧州でのドル売りの流れを受け、MACDが売り転換していたことが確認できます。

NY時間に入ってもドル売りの流れは継続し
116円を割り込み、115円96銭の安値をつけました。
その後、ボストン連銀のローゼングレン総裁が過去1年よりペースの速い
利上げが必要で、12月FOMCの予測は妥当に思われると発言したことが
伝わるとドルは小反発し116円台を回復しNYを引けています。

ただし、その後東京朝方に115円台後半にあったストップロスを
引き出す形でドル売りが強まり115円70銭水準まで下落しており、
本日東京時間ではドルの上値の重い動きが続きそうです。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドMACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes