TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2017/1/4のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2017/1/4のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2016/12/26)(PDF)

●デイリーレポート
昨日のドル/円相場は、正月休暇明けの東京株式市場が
大幅高となったことを受けて、ドルが底堅い動きとなりました。
東京時間で、日経平均株価が400円を超える
上昇となったことをにらみ、ドル/円も118円を回復しました。
ただし、118円台では戻り売りのニーズもあったようで、
一昨日の海外市場の高値を試すほどの勢いはありませんでした。

ボリンジャーバンドの+1σラインで上値を止められており、
上昇力が強くなかったことが窺われます。

欧州時間に入ると、新たな材料のない中、ドルは下押しとなり、
再び118円を割り込む展開となりました。
NY時間に入ってもドルの軟調な動きは続き、
一時117円05銭の安値まで下落しています。

この下落で、ボリンジャーバンドの-2σラインにタッチしていますが、
バンドウォークには繋がらず、下押しにも限界があることが示唆されています。

NY引けにかけては、FRBが12月15日分のFOMC議事録を公表し、
緩やかな利上げが現時点では適切との見解が示され、財政政策によって米景気の
上方修正リスクが出てきたため、多くのメンバーが利上げペースを早める必要が
あるかもしれないと指摘したことが伝わると、ドルは反発し117円台後半まで上昇しました。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドMACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes