TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2016/12/15のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2016/12/15のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2016/12/12)(PDF)

●デイリーレポート
昨日のドル/円相場は、前日の米FOMC後のドル高の流れを引き継ぎ、
東京午前中に10カ月超ぶりの高値となる117円86銭まで上値を伸ばしました。
その後は、利益確定の売りに押されて117円前半まで下げたあと、
117円の前半から半ばでのもみ合いが続きました。

欧州時間に入ると、再びドルがじりじりと値を上げ118円台を突破、
2月3日以来の高値118円66銭まで上昇しました。

NY時間に入ると、11月の米消費者物価コア指数が予想に反して
10月と同水準にとどまり、債券利回りの上昇は一段落したことを受け、
ドルは一時117円66銭へ下落しましたが、その後米12月フィラデルフィア
連銀製造業景況指数の上昇や米12月NAHB住宅市場指数が
高水準を維持していることなどを理由にドル買いが再び強まり、
118円64銭まで上昇し、118円台を維持して引けています。

価格の上昇にもかかわらず、RSIが低下しダイバージェンスが見られることから
調整の期待がありますが、相場は強い上昇もメンタルを持っており、
上値抵抗も次の心理的な節目である120円まで見当たらないことから、
レベル感での安易なドル売りはリスクが高そうです。
ただし、118円60銭レベルでのダブルトップを形成する可能性も
考えられることから、ネックラインの117円60銭水準を下回った場合には
調整リスクが高まることには留意しておきたいところです。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIを表示しています。

提供: FXトレーディングシステムズ
ボリンジャーバンドRSIなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes