TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2016/10/26のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2016/10/26のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2016/10/24)(PDF)

●デイリーレポート
昨日のドル/円相場は、東京時間は日本株が底堅く推移したことを受け、
104円台前半でドルの下値も支えられました。

欧州時間に入ると、方向感に欠ける動きに変化はないものの、
ドイツ株の下落につられややドルの重い動きとなり
104円ちょうど近辺へ軟化しました。

NY時間に入ると、9月米卸売在庫がプラスに転じたこと
9月の米新築住宅販売件数が市場予想に反し前月比3.1%増と
プラスとなったことを受けドルは底堅く推移し、取引中盤に入り
マイナス圏で推移していた米国株が前日終値水準まで
下げ幅を縮めるとドル/円も104円62銭まで上昇しました。

NYの上昇でボリンジャーバンドを上抜けたものの、
勢いのないバンドウォークとなっており、上昇に力を感じません。
RSIも高い位置にあり、もう一度104円後半を試す可能性は
否定できないものの、さらに大きく上昇していく形には見えません。

米国の利上げ継続期待は続くもののドル高材料は不足気味といえ、
ドルは底堅いながら買い進めないという今の状況が、
本日も継続されるものと思われます。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIを表示しています。

提供: FXトレーディングシステムズ
ボリンジャーバンドRSIなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes