TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2016/9/16のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2016/9/16のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2016/9/12)(PDF)

●デイリーレポート
昨日のドル/円相場は、東京市場が休日のなか、
ゆっくりと軟化する動きとなりました。
朝方は102円台でスタートしたものの、じりじりと値を下げ、
海外市場では101円58銭まで下落しました。
もっとも、日米の金融政策決定会合を控えて
動意が乏しい状況が続いていることに変化はありませんでした。

日米の金融政策決定会合を越えるまでは模様眺めムードは続き、
本日も101円台後半中心の相場となりそうです。

中期的にチャートを見てみると、本年に入ってのドル下落相場が
確認できますが、そのスタートとして昨年12月に一目均衡表
先行スパンの雲をクリアーに下抜けしたことがわかります。
その後の動きを見ると、ドルの上昇局面において2月・5月・7月・9月と
4回も先行スパンの雲に上値を抑えられ反落しています。
現在、5回目のチャレンジとなっており、当面は雲の上限は103円半ば水準で
推移することから、この水準を上抜けることが出来るかどうかが注目されます。
また、年初からの下落は、値幅で約21円、下落率で18%近くに達していることから、
調整的なドルの反発のきっかけとして、先行スパンブレイクを期待する声も多いようです。

※チャートは、ドル/円の日足、一目均衡表RSIを表示しています。

提供: FXトレーディングシステムズ
一目均衡表RSIなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes