TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2016/9/12のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2016/9/12のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2016/9/12)(PDF)

●デイリーレポート
昨日のドル/円相場は、東京時間では海外時間に行われる
ブレイナード米連邦準備理事会(FRB)理事の講演から
米国の利上げ動向を見極めたいとする向きが多く、
総じて動意に乏しく、102円半ばで小動きが続きました。
ブレイナード理事は、米連邦公開市場委員会(FOMC)メンバーの中で
最もハト派的されており、金融政策に関する発言ができなくなる
「ブラックアウト期間」前にどのようなメッセージを出すかが注目されていました。

ただし、テクニカルで見るとMACDが先週末には既に売り転換しており、
週初からドルの下値圧力がやや強い流れとなっていたことがわかります。

欧州時間に入ると、欧州株が下落したこともあり
ドルはもう一段の下押しとなり102円を割り込む動きとなりました。

さらにNY時間では、注目のブレイナードFRB理事が
「金融政策を引き締める論拠は弱い」と述べ、講演後の質疑応答では
「利上げを支持する前に、個人消費の拡大を示す指標とインフレ加速の兆しを
確かめたい」と発言したことが伝わると、ドルは101円58銭まで下押ししました。

その後NYの引けにかけては、ドルのショートカバーが優勢となり、
MACDも買い転換の兆しを見せながら101円後半での引けとなっています。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドMACDを表示しています。

提供: FXトレーディングシステムズ
ボリンジャーバンドMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes