TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2016/8/16のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2016/8/16のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2016/8/15)(PDF)

●デイリーレポート
昨日のドル/円相場は、101円台で始まったものの、
ドルの上値は重くじりじりと値を下げる動きとなりました。
薄商いの中で仕掛け的な円買いが入ったもようで、
前日安値100円87銭を割り込むと、ストップロスを巻き込みながら
下げ足を速め、7月11日安値100円35銭を試す動きとなりました。

この流れでボリンジャーバンドを下抜き、下方向のバンドウォークが形成されました。
ただし、MACDを見ると、ボリンジャーバンドの下抜けに先駆けて
ドル売りに転換していることが確認できます。

海外市場に入ってもドル売りの流れは続き、ドイツ株が下げ幅を広げる動きとなると、
ドル/円も6月24日以来となる100円割れとなり、その後は100円ちょうどで
もみ合ったものの99円54銭の安値をつける動きとなりました。

その後、NY連銀ダドリー総裁が米国のテレビ番組に出演し、
「追加利上げのタイミングは近付いており、9月の利上げはあり得る」と発言、
また「金利先物市場は利上げを織り込み切れていない」と述べ、
追加利上げが近いことを示唆したことを受け
ドルは100円台半ばまで急速に買い戻される展開となりました。

この上昇でMACDは買いサインに転じており、
ボリンジャーバンドもバンド幅を縮めており、
短期的な底打ちの可能性を示唆してNYを引けています。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドMACDを表示しています。

提供: FXトレーディングシステムズ
ボリンジャーバンドMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes