TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2016/7/7のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2016/7/7のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2016/7/4)(PDF)

●デイリーレポート
昨日のドル/円相場は、朝方は101円台半ばでスタートしたものの、
その後はじりじりと軟化する動きとなりました。
日経平均株価の下落をにらみながら欧州スタート時には
100円63銭の安値をつけました。

その後、欧州株の上昇や米債利回りも小幅上昇したことを受け、
ドルの買戻しが入り101円23銭まで上昇しました。
6月の米ADP雇用統計が民間雇用者数が17.2万人増と市場予想を上回る
伸びとなり、米新規失業保険申請件数も25.4万件と市場予想を下回り、
4月半ば以来の低水準を記録したことで、米労働市場の拡大継続が
確認されたこともドルの下支えとなったと指摘されます。

しかし、その後発表された週次原油統計で在庫の減少幅が
予想を下回ったことを受けてリスク回避の円買いが優勢となり、
100円60銭まで押し戻されてNYを引けています。

テクニカルで見ると、依然ボリンジャーバンド
収縮を続けており、相場がこの中にとどまっていることで、
大きく動きエネルギーのかけていることがわかります。
MACDても、ゼロ以下を推移していることからややドルの上値が
重く見えますが、MACDとシグナルが交錯していることから、
明確な方向性がないことが示唆されています。

市場の注目は、本日の米雇用統計に集まっていますが、
結果が市場予想よりも弱かった場合、米景気減速懸念が強まって
ドルは素直に下落すると見込まれる一方、強かった場合には
103円の壁を上抜けることが出来るかが焦点となりそうです。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドMACDを表示しています。

提供: FXトレーディングシステムズ
ボリンジャーバンドMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes