TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2016/4/18のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2016/4/18のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドMACDを表示しています。

昨日のドル/円相場は、週末のイベントの結果への
失望感から円高方向へ窓を開けてのスタートとなりました。
その後、ドルのショートカバーで108円台半ばまで値を戻したものの、
日経平均が前営業日比500円を超える下げ幅となったことや、
米原油先物が急落したことを受け、市場ではリスク回避の
センチメントが強まり、一時107円83銭まで下落しました。
東京午後は目立った材料がなく、
ドルは108円ちょうどを挟んで小動きとなりました。

欧州時間に入ると、前週のドーハ会合で原油増産凍結に
合意できなかったことは想定範囲との判断から、原油価格が
反発し、ドル/円もショートカバーが優勢となりました。
このドルの上昇でMACDは買い転換しており、
その後の海外市場でのドルの上昇を示唆する形となっています。

NY時間に入ると、米国の米4月NAHB(全米住宅建設業者協会)が
予想を下回ったことを受けてドルが売られる局面もありましたが、
日本銀行の追加緩和観測や原油価格や米国株式相場の
回復に伴いショートカバーが加速し、108円99銭まで上昇し、
ほぼ高値の水準でNYを引けています。

本日も、株価と原油価格にらみの展開となり、
日経平均が大幅反発すれば109円台に乗せる可能性があると思われるものの、
海外市場の高値が108円99銭と、109円をつけることが出来なかったことから、
109円の売りが厚いというイメージも強く、ドルの上値は重いとの指摘もあります。

提供: FXトレーディングシステムズ
ボリンジャーバンドMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes