TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2016/2/3のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2016/2/3のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIを表示しています。

昨日のドル/円相場は、東京時間では日経平均株価の
下げ拡大や、米原油先物の一段安を受けてリスク回避
ムードが強まり、円が買われる動きが先行しました。
正午前に日銀の黒田東彦総裁が都内の講演で、追加緩和の
手段に限りはなく、今後も手段のイノベーションに取り組むと
述べたことを受け、ドルが買い戻される局面もありましたが、
株価が下げ幅を広げたことでドルはじり安を続けました。

欧州勢が参入すると、ドルのショートカバーが入り120円台を回復しました。
しかし、NY時間に入るとニューヨーク連銀のダドリー総裁がインタビューで、
昨年12月の米利上げ以降、金融状況は著しく逼迫しており、金融当局者は
こうした状況が継続するなら考慮する必要があるとの見解を示した
ことや米ISM非製造業総合指数が予想を下回ったことなどを受け、
米連邦準備理事会(FRB)の利上げペースが緩やかになるとの
思惑が広がり、ドルが大幅に売られる展開となりました。

この流れで、ボリンジャーバンドの下抜けと下方バンドウォークが発生し、
ドル/円は約2週間ぶり安値の117円05銭に急落、日銀が先週29日に
マイナス金利導入を発表して上昇した分を失った形となりました。

ただしRSIを見ると、価格の大幅下落にもかかわらず、
昨日の底値水準を下回らなかったため、短期的には
ドルの反発の可能性があることを示唆しており、実際に
NYの引けにかけては117円後半まで値を戻しています。

提供: FXトレーディングシステムズ
ボリンジャーバンドRSIなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes