TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2015/12/9のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2015/12/9のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

チャートは、ドル/円の日足、一目均衡表RSIを表示しています。

昨日のドル/円相場は、海外時間で大幅に下落する展開となりました。
米国の10月卸売在庫が予想外の減少に落ち込んだことを受けた債券利回り低下に
伴うドル売り、原油安などで世界経済への懸念が強まったことによるリスク回避の
円買いなどが指摘されますが、テクニカル要因で動くトレーダーらが利益確定の
ドル売りを出し、ストップロスを巻き込んだため大きな下落となったようです。
一時121円08銭と11月上旬以来約1カ月ぶりの安値をつけています。

テクニカルで見ると、一目均衡表では、転換線が基準線を
下抜き、また遅行スパンもローソク足を下抜いており、
11月上旬より続いていた三役好転が終わってしまいました。
また、直近の下値抵抗であった122円前半をクリアーに下抜けた
ことで、レンジの切り下がりの可能性が出てきています。

もっとも、今月のFOMCで乗り上げ観測は強く、
ドルの先高感がなくなったわけではありません。
目先は、先行スパンの雲や9~10月のレンジ上限であった120円半ば
水準が下値抵抗となり、ポジション調整をしていくものと見られます。

提供: FXトレーディングシステムズ
一目均衡表RSIなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes