TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2015/12/4のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2015/12/4のドル円相場の考察

先週のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

チャートは、ドル/円の日足、一目均衡表RSIを表示しています。

先週のドル/円相場は、欧州中央銀行(ECB)が3日の理事会で追加緩和を
決定したものの、内容的に不十分との見方が広がりユーロが急騰しました。
この影響でドル/円は一時122円30銭まで売られる場面がありました。
しかし、イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長の議会証言で
「労働市場の改善は、インフレへの自信を高めた」、「経済はFRBの雇用や
インフレの目標に近づいた」との見解が表明されたこと、週末発表された11月
米雇用統計は市場予想をやや上回る内容だったことを受け、12月の利上げは
決定的との見方が広がり、ドルは123円台を回復して週を越えています。

テクニカルで見ても、一目均衡表は三役好転を続けており、
ドルの先高感は強いものとなっています。

ただし、現状水準を続けると遅行スパンとローソク足が交錯する形と
なっていること、RSIが現状中立水準まで押し込まれていることなど、
上昇力の強さにはややかける形となっています。

今週は、15-16日開催の米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えて、
米経済指標をにらみながら現在の上値抵抗である123円半ばを
抜けることができるかを注目する動きとなりそうです。

提供: FXトレーディングシステムズ
一目均衡表RSIなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes