TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2015/11/25のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2015/11/25のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIを表示しています。

昨日のドル/円相場は、東京午前はドルの上値の重い動きとなりました。
トルコ軍によるロシア軍機撃墜の報道で地政学的リスクへの懸念が高まったこともあり、
米国の感謝祭休暇前にポジション調整をする向きが多かったとの指摘があります。

もっとも、この間価格が下落するなかRSIは反発に転じており、
ダイバージェンスを形成し、その後のドルの戻しを期待させる形となっています。

米12月利上げへの思惑から、122円半ば以下には個人投資家の
押し目買い需要も強く、午後にはドルがゆっくり値を戻す動きとなりました。

海外時間に入ると、米国の週次失業保険申請件数が予想を下回り、
10月耐久財受注が予想を上回ったことを受けて、年内の利上げ観測を
受けたドル買いが再燃し、122円93銭まで上昇しました。

この流れで、相場はボリンジャーバンドを上抜け、
バンドウォークを形成していることが確認できます。

その後は、米7年債入札の好調な結果を受けて債券利回りが
伸び悩んだため、ドルも反落し122円70銭水準でNYを引けています。
NYの引けにかけては、RSIがダブルトップをつけて反落し始めているようにも
見え、本日東京でも122円後半は重いイメージで始まりそうです。

提供: FXトレーディングシステムズ
ボリンジャーバンドRSIなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes