TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2015/11/24のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2015/11/24のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドMACDを表示しています。

昨日のドル/円相場は、前日からの流れを引き継ぎ、
終始ドルの上値の重い展開が続きました。
国内勢を中心に動きが鈍く、方向感が出なかったこともあり、
感謝祭休暇を控える海外勢の間では、早々とポジションを
圧縮する動きが出ていたとの指摘もあります。

海外時間に入ると、11月の米消費者信頼感指数が市場予想の99.5を大きく下回る
90.4で、2014年9月以来の低水準だったことでドルに売り圧力がかかるとともに、
NATO(北大西洋条約機構)メンバーであるトルコによるロシア機撃墜を受けて、
プーチン大統領がトルコを強く非難したため、地政学的リスクが高まり、
リスク回避のドル売り、円買いが優勢となって、一時122円31銭まで下落しました。

この流れで、相場はボリンジャーバンドの下抜けを何度か試しましたが、
バンドウォークには繋がらず、この下落が強いトレンドを
伴ったものではないことが示されています。

MACDを見ても、NYの引けにかけて買い転換しており、
目先ドルの下値も堅いことが推測されます。

来週以降に欧州中央銀行(ECB)理事会や米雇用統計、
また米連邦公開市場委員会(FOMC)と、年内の注目イベントが
相次ぐことから、現状では動きがとりにくいとの指摘もあります。

提供: FXトレーディングシステムズ
ボリンジャーバンドMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes