TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2015/11/13のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2015/11/13のドル円相場の考察

先週のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

チャートは、ドル/円の日足、一目均衡表RSIを表示しています。

先週のドル/円相場は、小動きながらも
ドルの上値の重い動きが続きました。
前週の米雇用統計を受けて上抜けしたドルですが、
先週は利食いのドル売りが先行する流れとなりました。
週後半では、米国の10月小売売上高が市場の予想を下回った
こともあり122円61銭まで押してこの週を終えています。

テクニカルで見ると、一目均衡表の三役好転に変化はなく、
大きな流れではドル上昇局面にあることがわかります。
ただし、RSIを見ると買われ過ぎ局面まで達していたこともあり、
先週の下押しは自然な調整圧力だったといえそうです。

週初の本日は、週末に発生したパリ同時多発テロの影響を
受けてリスク回避的な円買い圧力が強く、先週末の引けから
窓を開けて122円前半でのスタートとなっています。
朝方の動きは静かなもので、その後122円半ばまで値を戻していますが、
株式市場への影響を見極めたいとの指摘もあり、神経質な取引が続きそうです。

提供: FXトレーディングシステムズ
一目均衡表RSIなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes