TOP » コラム » @FX編集局コラム » トレーディングをする上で心がけた方が良い5箇条

コラム

トレーディングをする上で心がけた方が良い5箇条

トレーディングをする上で心がけた方が良い5箇条様々な著書やブログでも見かけますが、トレードは精神的にタフでなければ勝ち残っていく事はできません。予想通りの結果とは言え、一時的にポジションが大きくマイナスに動いている時などは、自分の意志と戦い続けることになります。そこで自分が定めたルールを破ってしまいポジションを手じまうと、後で損失しか残らない結果が待っていたりします。また、デイトレーダーやスキャルパーと呼ばれるトレーダー達は一日に何度もポジションを持ち、勝った負けたの世界で戦っています。

優れたトレーダーの多くは自分に取引ルールだけでなく、生活の中でもルールを定め日々過ごしているようです。例えば、翌週までポジションを持ち越さない、戦略がはっきりしない状態ではポジションを決して持たないなどは取引ルールの一つに数えられます。生活の中でのルールとは、例えば、睡眠は5時間以上必ず確保する、深酒しながら取引をしない等に数えます。

今日は、@FXが推奨する、トレーディングをする上で心がけた方が良い5箇条について書いてみたいと思います。

1. 日々の取引履歴はエクセル等で独自に管理、分析する

過去の取引状況やこれまでの資産状況を振り返り、突然おかしなポジションを建てたりしていないか等を確認する事はとても大切です。口座状況は取引ツールから確認できますが、自分の勝率やエントリーのタイミングを過去チャートと照らし合わせながら追いかけていくと、新しい気づきが得られます。取引ノートをつけているトレーダーも多い様ですね

2. 運動などでストレス発散を心がける

取引を続けると精神的にも疲弊してきます。また、デスクで取引をし続けると運動不足になるだけでなく、冷静な判断ができなくなります。生活リズムを整える意味でも、ぜひ週に2~3回は運動を心がけてみて下さい。

3. 十分な食事と睡眠を心がける

直接勝率がアップするかは定かではないですが、やはり肉体的に、精神的に健康である事は等しく全員に大切な事と言えます。ついつい集中してトレードにのめり込んでしまうと、不用意にポジションを建てたり、焦って利益確定をしてしまったりと無駄な事を避けるためにも大事でしょう。

4. 一定の損失を受け入れられる心構えをもつ

精神的な余裕は取引をする上で最も重要な要素のひとつです。まさか全資産をFX等のリスク商品に預けることはないと思いますが、同様にこちらも危険です。自分が許容できる損失額を予め定めた上で取引することが大切です。相場が激しく動いている時などはつい焦りがちですが、それらの多くは一時的な動きであることも多いのです。相場に惑わされず、ゆったり構えて取引に望みましょう。

5. 自分が定めたルールを厳守する

近年システムトレードが注目を集めていますが、自分が設定したルールに基づいて取引を行う事が大切です。そのルールに基づいて徹底して運用を行う事が勝てる投資家への唯一の道とも言われています。プロ投資家達はファンダメンタルズやテクニカルを駆使しながらルールを定めて売買しています。相場は投資家の心理を織り込んで形成されています。数多の投資家心理に惑わされ、なりゆきで売買してしまうと、いつか必ず大きな損失を抱えることになると思います。そのためにも独自ルールを磨き続け、安定した収益を確立できるように頑張りましょう。

まとめ

無機質なコンピュータの前で淡々と情報を収集し、チャートを分析し、ポジションを建てるトレーダーにとって、自分のルールが崩壊してしまうと、すべてがなし崩しになってしまうようです。まずは独自の取引ルールと生活リズムを作り上げる事が大事でしょう。

こんなルールが大事だ!であるとか、こういう事に気をつけていますよ!など皆さんの意見をぜひお聞かせ下さい。

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい

ちょっとオススメ?: 2013/7/30のドル円相場の考察.

ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes