TOP » コラム » @FX編集局コラム » ドル円買いにご注意!

コラム

ドル円買いにご注意!

日本のFX市場では、ほとんどのFX投資家がドル円を買いから始めます。そしてポジションのバランスを見ても、月によって異なりますが、7割から9割の投資家が買いポジションをもちます。

初心者の多くは「売り(ショート)」から入ることを、わかっていてもなかなか実践できません。頭では理解しているつもりでも、まだ身体で理解できていない状態ににている気がします。

通貨ペアにしても、余程馴染みがあるのか、USD/JPYの取引が全体の9割を占める、という話も耳にしたことがあります。多少の誇張はあるにせよ、多くの投資家にとって身近なペアはドル円なんでしょう。

良く、「そろそろ上がりそう」なんて言葉を耳にしますよね?このそろそろ上がりそうが危ないんです。ニュースで円高ドル安、昨日より10銭マイナスでした、なんて頭にインプットされると、相場は明らかに下降傾向にあるにも関わらず、「そろそろ買いかなぁ・・・」と思いながら取引画面を開くことになります。もちろんそこからチャートを見たりニュースを見たりして下降するリスクもあるなと感じながらも、期待感や直感によって買いポジションをもってしまいます。

上昇傾向であることを都合良く解釈できるようなトレンドラインを引くこともしばしば。日足、12時間足、4時間足、どれを見ても売りのトレンドにあるにも関わらず、5分足でトレンドラインを引き、つい買いのトレンドにあるような線を引いてしまいます。

そうすると、サポートラインも徐々にあがっていくイメージが沸き、ここから反発すれば1円以上の高値で決済できそうだ!などと妄想し、ついには自分は今トレンド転換の最先端にいるかのような錯覚を覚えます。順張りか逆張りかはその時の相場次第で将来が保証されるわけではありません。ただ、あくまでも相場と向き合う際は中立的な立場で冷静に判断する事が大切ですね!

外為どっとコムさんでは、会員向けサービスとして、「ポジション比率情報」や「外為注文情報(指値注文の発注情報)」を確認できるので、興味がある方は口座開設してみて下さい。

詳細はコチラ

外為どっとコムさんは多くの投資家が取引している会社の一社ですので、注文状況が把握できることで、今後のマーケットの動きを予想することができますよ!

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes