TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2017/1/17のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2017/1/17のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2017/1/16)(PDF)

●デイリーレポート
昨日のドル/円相場は、東京時間の朝方は
ドルが底堅く推移し、114円台を回復する動きとなりました。
しかし、午後に入ると、欧州連合(EU)離脱交渉についての英首相の演説を控え、
欧州単一市場へのアクセスを失う「ハードブレグジット」への警戒感から上値が重くなり、
前日の安値113円60銭水準を下抜けると、113円を割れる動きに加速しました。

この下落の流れで、相場はボリンジャーバンドの下抜けと
バンドウォークの形成を示現していることが確認できます。

その後、メイ英首相の演説を受けて米債利回りが上昇し、
ドルも113円台半ば近辺に反発しましたが、NY時間に入るとトランプ次期米大統領が
ウォールストリート・ジャーナル紙のインタビューで、中国の人民元相場の操作に
言及した際、「米企業は競争できていない」として輸出に不利なドル高進行に
不満を表明したことが伝わるとドル売り圧力が再燃し一時112円60銭と、
昨年11月末以来約1カ月半ぶりの高値を付け、安値圏でNYを終えています。

トランプ次期米大統領の一連の発言をきっかけに、
財政支出拡大期待よりも保護貿易リスクに焦点が集まっており、
本日東京市場でも引き続きドルの上値の重い展開となりそうです。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドMACDを表示しています。

提供: FXブロードネット
ボリンジャーバンドMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes