TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2016/10/24のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2016/10/24のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2016/10/24)(PDF)

●デイリーレポート
昨日のドル/円相場は、東京から欧州の時間にかけて
103円台後半での動きに終始しました。
手がかり材料がなく値幅は30銭に満たない動きとなっていました。
テクニカルで見ても、MACDがゼロ近辺でシグナルと交錯しており
方向感のない動きであったことが確認できます。

NY時間に入ると、セントルイス連銀のブラード総裁が講演で
「低金利が普通の状態が今後2、3年は続くとする一方、
一度の利上げは必要となるだろう」と指摘したことを受け
米債利回りは上昇基調が強まり、ドルは104円32銭まで上昇しました。

この流れで、ボリンジャーバンドを上抜けていますが
明確なバンドウォークには繋がらず、
ドルの上値の重いことが示唆されています。

12月FOMCでの追加利上げが市場で織り込まれてきているものの、
米景気の拡大ペースの弱さもあり、強いドル買いの動きは見られません。
104台後半が既に重い状態が続いており、本日東京市場でも
104円台半ばでは上値が抑えられる展開が予想されます。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドMACDを表示しています。

提供: FXトレーディングシステムズ
ボリンジャーバンドMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes