TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2016/10/6のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2016/10/6のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2016/10/3)(PDF)

●デイリーレポート
昨日のドル/円相場は、東京時間では本日の米雇用統計を控え
手控えムードが強く103円半ばでの小動きとなりました。

海外時間に入ると、ドルはじりじりと値を上げる動きとなり、
米新規失業保険申請件数が24.9万件と市場予想を大きく下回り、
4月第3週以来の低水準となると、これを受けて米債利回りが上昇、
ドル/円もボリンジャーバンドを上抜けて上昇し、
バンドウォークを伴って104円16銭をつけました。

ただし、上値のめどである9月2日の104円30銭水準を抜けることが出来ず、
NYの引けにかけて反落し103円台に押し戻されています。

本日の米雇用統計の結果次第といえますが、この104円30銭水準を
抜け切ることが出来ないと、ダブルトップ形成の可能性が高くなり、
再び100円~104円でのレンジ相場が続くこととなりそうです。
逆に、この水準をクリアーに上抜けることが出来れば7月29日の高値である
105円60銭水準が視野に入ってくることとなり、年末に抜けた
円高のリスクが大きく後退することとなるでしょう。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドRSIを表示しています。

提供: FXトレーディングシステムズ
ボリンジャーバンドRSIなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes