TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2016/9/8のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2016/9/8のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2016/9/5)(PDF)

●デイリーレポート
昨日のドル/円相場は、アジアから欧州スタートの時間にかけては
101円台後半での小動きに終始しました。
日銀の中曽宏副総裁が都内での講演で、
9月20・21日の金融政策決定会合で予定している
過去3年半の政策検証に関する論点について、
大規模金融緩和の結果としてデフレではない状況となったと
成果を指摘した一方、マイナス金利導入後の副作用にも配慮し、
今後緩和を強化する姿勢を強調しましたが、市場への影響は限定的でした。

海外時間では、欧州中央銀行(ECB)が定例理事会で
金融緩和政策の据え置きを決定した失望感から、独国債が売られ利回りが
上昇し、米国債利回りもこれにつれて上昇すると、ドル買いが優勢となり、
一時102円60銭まで上昇し、ほぼ高値圏でNYを引けています。

このドルの上昇で、ボリンジャーバンドの上抜けとバンドウォークが観察されます。
もっとも、MACDは一貫してドル買いのサインを続けており、
東京時間に売り転換が失敗したところから、
その後のドル上昇が予感される形となっています。

また、日足ベースで見ると、一目均衡表の先行スパン1(雲の下限値)が
103円台に入ってきており、さらに今後は雲全体も切り下がってくることから、
来週にかけてはドルの上値が重くなる可能性が示唆されています。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドMACDを表示しています。

提供: FXトレーディングシステムズ
ボリンジャーバンドMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes