TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2016/7/20のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2016/7/20のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2016/7/19)(PDF)

●デイリーレポート
昨日のドル/円相場は、106円台でスタートしたものの、
日経平均株価の下落につられる形でドルが軟化し、一時105円83銭をつけました。
その後、日経平均が下げ幅を縮めると、ドルも反発し106円台を回復する動きとなりました。

欧州時間に入っても、ドルは底堅く推移し106円台後半へと上昇しました。
MACDを見ると、欧州参入前に既に買い転換していることが確認でき、
このドル上昇を示唆する形となっていることがわかります。

NY時間に入ると、一部メディアが「安倍政権が新たにまとめる経済対策の
事業規模を20兆円超と、当初の見込みとされていた10兆円超を倍増させる」
と報じたことで、6月10日以来の107円台を回復しました。

このドル上昇では、ボリンジャーバンドの上抜けとバンドウォークが
観察されましたが、ロアーバンドの下落は小さかったことから、
強いトレンドを感じさせるものとはなりませんでした。

来週のFOMCや日銀金融政策決定会合に対する期待感から、
リスク選好の流れは続くものとみられ、日経平均株価の上昇とともに、
107円台が定着できるかが注目されます。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドMACDを表示しています。

提供: FXトレーディングシステムズ
ボリンジャーバンドMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes