TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2016/5/26のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2016/5/26のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

●「中長期の見通し」ドル/円相場のトレード戦略
最新のウィークリーレポートはこちら(2016/5/16)(PDF)

●デイリーレポート
昨日のドル/円相場は、前日の上値が110円半ばで押さえられたこともあって
朝方からドル買い機運は盛り上がらず、東京午前9時過ぎにストップロスを
巻き込むかたちで下げの勢いを強め、109円42銭まで弱含みました。

もっとも、MACDを見ると前日の海外市場では既に売り転換しており、
東京スタートからドル売りに流れが出来ていたともいえそうです。

欧州時間に入ると本日のイエレン米連邦準備理事会(FRB)議長の講演などの
イベントを控えてポジション調整の動きが強まり、ドル/円は110円を回復しました。

その後、NY時間では、発表された米新規失業保険申請件数が
26.8万件と市場予想を下回り、同時に発表された4月の米耐久財受注も
前月比3.4%増と市場予想を大きく上回る伸びとなったことを受け
ドル買いが強まり110円21銭の高値をつけました。
しかし、市場では設備投資の先行指標となる非国防資本財受注(除く航空機)が
前月比0.8%減と、3カ月連続のマイナスを記録したことに注目し、
一転ドル売りの反応となり109円半ばまで押し戻される展開となりました。

MACDは、欧州時間の上昇で買いに転じたものの、
NY時間での下落で再売り転換、さらにNY引けにかけては
再び買いに転じる形となっており、方向性の内装であることを示唆しています。

本日もイベント待ちの模様眺めとなりそうですが、徐々に110円台の重さが
意識される可能性もあり、下値リスクには注意が必要かもしれません。

※チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドMACDを表示しています。

提供: FXトレーディングシステムズ
ボリンジャーバンドMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes