TOP » テクニカルで検証する昨日の相場 » 2016/4/26のドル円相場の考察

テクニカルで検証する昨日の相場

2016/4/26のドル円相場の考察

昨日のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

チャートは、ドル/円の1時間足、ボリンジャーバンドMACDを表示しています。

昨日のドル/円相場は、日米金融政策イベントを前に
動意は乏しく、111円を挟んで方向感なく推移しました。
FOMCについては、利上げに反対票を投じるメンバーが増えると予想され、
政策変更はないとの見方が支配的であり、日銀決定会合については、包括的な
追加緩和を決定すると予想する向きが多いものの、前週末に日銀追加緩和の
噂で2円以上上昇した後であり、今回の決定会合で、想定内の追加緩和が
決定されたとしても、相場へのインパクトは限定的との指摘があります。

テクニカルで見ても、ボリンジャーバンドが上下の抵抗として機能しており、明確な方向性はありません。
MACDとシグナルもゼロ近辺の水準で交錯しており、相場の気迷いを示唆しています。

日米金融政策イベント待ちの姿勢に変化はなく、本日も日中は方向感のない動き、
海外時間ではFOMCの結果次第という相場となりそうです。

提供: FXトレーディングシステムズ
ボリンジャーバンドMACDなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes