TOP » 佐藤 正和の為替コラム » RBA(オーストラリア準備銀行)政策金利据え置き決定 

佐藤 正和の為替コラム

RBA(オーストラリア準備銀行)政策金利据え置き決定 

昨日(2月2日)の日本時間12時半にRBAの政策金利据え置きが発表されました。それまで発表されたオーストラリアの経済指標は押し並べて良好でした。
失業率の改善、住宅建設許可件数の大幅増加など、ファンダメンタルズで観る限り景気か着実に成長に向かっています。それらの経済指標を背景に市場では0.25%の利上げを見込んで、豪ドルの買い持ちを積み上げていたと思われます。
そんな状況に中、利上げ見送りを決定したことで、発表直後から豪ドルは急落しました。
対ドルでは0.8925近辺からNYでは0.87台後半まで売られ、対円でも81円20銭近辺から79円半ばまで豪ドル安が進みました。

しかし、NYの午後には金、原油などが上昇し、リスク資産に資金が向かったことから、それまでの下落幅の7割程度まで回復しています。

実態経済が好調なことから今回見送られた利上げは3月の政策決定会合で0.25%上げる可能性は、むしろ高まったとも言えます。
リスクは中国の金融政策です。中国が金融引き締めに入ると、豪ドルが再び下落することは否定できませんが、中国人民銀行は経済成長に急ブレイキをかけるとは思えません。徐々に利上げへのメセージを市場に送り続けることで「ソフトランディング」を目指していると思われます。そう考えると、豪ドル円は今後2ヶ月以内に82円台まで上昇する可能性があると予想します。

提供: 外為オンライン
☆2年連続FX取引高No.1、外為オンライン

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes