TOP » 佐藤 正和の為替コラム » ドル円の上昇は終わったのか?

佐藤 正和の為替コラム

ドル円の上昇は終わったのか?

ドル円は4月2日に今年のドル円最高値の93円78銭を抜き、その後
4月6日には94円78銭まで上昇ました。この間2007年6月から
始まったドル安の長期トレンドが「週足」で上抜けしたことで、俄然
ドル上昇に弾みがついたわけです。
「長期ドル安トレンドの終焉」と、市場もドル高円安に備える
姿勢に転換しそうなセンチメントでした。
事実、投機筋などが主に利用するシカゴ先物市場では3月30日に、
それまでの「ドル売り円買い」ポジションから「ドル買い円売り」ポジションに
転換しており、これが上記94円台乗せを演出したことは間違いないと
思われます。
このポジションはその後さらに積み上がっており4月6日現在では4万枚
と約3年ぶりの水準にまで膨らんでいます。

しかしドル円はその後、94円に乗せることなく調整を続け、足元では
92円台で推移しむしろ「下値」がどこまであるのかを確認する動きになっています。
ではドルは天井を付け今後下落に向かうのでしょうか?

結論から言えば「NO」です。
今の状況は単に上昇局面での「調整」の一環と観ています。
理由は、米経済の回復は着実に進んでいるということです。懸念されていた
雇用市場も3月の雇用者数は大幅に増加していました。
失業率の低迷は前回の記事で述べた通りです。
加えて、製造業の回復は「リーマンショク時」の水準に近づきつつあります。
米ファンダメンタルズ回復を考えれば、日米の出口までの距離は明白です。
また米株式市場の堅調さもドルサポート材料です。

今後ドル調整のメドとしては、今回上昇分の38.2%にあたる92円24銭が
最初の重要なサポートになります。またその下ではこれまでのレジスタンスであった
日足の「200日移動平均線」が位置する91円36銭がサポートです。

提供: 外為オンライン
☆2年連続FX取引高No.1、外為オンライン
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes