TOP » 今すぐ始めたいFX » FXの基礎知識 » 円高・円安と経済の関係

今すぐ始めたいFX

円高・円安と経済の関係

1ドル、95円だったレートが1ドル90円になったとします。
つまり、今まで1ドルを買うのに95円必要だったわけですが、円の価値が上がったので、90円で買えるようになったのです。これが円高です。

逆に1ドル、90円だったレートが1ドル95円になった場合は、円の価値が下がったことになるので、円安となります。

円安と円高

貿易への影響

1ドル90円だったレートが1ドル85円の円高になったとします。
円高になると、今まで1万ドルの商品を90万円で売れていたのが、85万円で売る羽目になります。
このような理由で、輸出企業は円高になるほど経営が悪化するという事になります。
日本の産業は大半を輸出に頼っているので、円高になると景気が悪化するのです。
ちなみ、海外旅行をする際は円高の方が、安く楽しめますよ。

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes