TOP » 今すぐ始めたいFX » FXの魅力 » 外貨預金との違い

今すぐ始めたいFX

外貨預金との違い

「FXは外貨預金と何が違うのか?」といった質問をよく受けるのですが、もちろん違いはあります。外貨預金ではなくFXを始める人が増えているのは、FXの方がメリットが多いとされているからです。メリットは大きく分けて以下の通りになります。

FXと外貨預金の比較

手数料

FXのほとんどの大手の事業者は、手数料が無料です。実質的な手数料であるスプレッドはおおむね1ドルの往復で1銭~2銭の間です。

外貨預金の手数料は1ドルにつき往復2円(FXの10倍!)

取引可能時間

FXの取引可能時間は土日以外の24時間です。

外貨預金の取引可能時間は銀行の営業時間内です。

為替差益

FXはすぐに決済できるので為替差益チャンスを逃しません。

外貨預金は解約がすぐにできず、為替差益を得る機会を失いがちです。

円高・円安の影響

FXは買いでも売りでもポジションを持てるので、円高でも円安でも対応できます。

外貨預金は「買い」しかできないので円高局面は不利です。

以上のことをまとめると、FXは外貨預金に比べて「手数料が安い」「取引可能時間も長い」「すぐに円に戻せる」「円高・円安の影響が少ない」といったことが挙げられます。
「FXの方がリスクが何倍も高いだろう!」といったツッコミも聞こえてきそうですが、外貨預金風に運営したいのならレバレッジを1倍に設定すればいいのです。これでリスクは外貨預金と同等になります。

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい

ちょっとオススメ?: 2015/3/6のドル円相場の考察.

ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes