FX取引システム体験レポート

第3回-チャート編-

前々回は「取引画面の見方」、前回は具体的な注文の流れなどのレポートをお届けいたしました。
そして今回はテクニカルチャートについてのレポートになります。

チャート表示の流れ

チャート表示の仕方

テクニカルチャートの表示は至って簡単です。取引画面のチャートウインドウから、チャート表示のアイコンをクリックするだけです。


チャート表示の仕方

アイコンをクリックしたら、表示させたいチャートのタブを選んでで、反映させるだけです。
また、チャート計算に用いる期間も自由に入力できますし、複数のチャートを同時に表示させることも可能です。

対応チャート名

FXブロードネットが対応しているのは下記の16種類になります。基本的なものから、玄人好みのちょっとマニアックなチャートまでバランスよく対応しているので、初めてFXにチャレンジする方にも、中級者以上の方にも使い勝手がよさそうです。

移動平均,MACD,RSI,一目均衡表,ストキャスティックス,ボリンジャーバンド,ピボット,エンベローブ,
ストキャスティクスRSI,RCI,サイコロジカルライン,パラボリック,EMA,DMI,トレンドライン,移動平均乖離率

FXブロードネット システムのまとめ

FXブロードネットの取引システムは、見た目の派手さこそ無いものの、機能や分かりやすさ等はかなり評価できるかと思います。

FXブロードネット
項目 スペック 評価
操作感 シンプルで分かりやすいです。欲を言えばアイコンがもうちょっと分かりやすければなぁ。
チャート機能 対応チャートも複数表示などの機能も合格点でしょう。
注文スピード ワンクリックで注文できるのは大きいです。
見た目 見た目は地味で、見た目にもこだわる人には寂しい感もあります。ただ、その分データが軽いのでサクサク動きます。
約定率 特に問題を感じませんでした。

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes