TOP » FX取引システム体験レポート » 外為オンライン » 第2回 カスタマイズ自在の取引画面

FX取引システム体験レポート

第2回 カスタマイズ自在の取引画面

外為オンラインの新システムは、新たに用意された3つのキャンパスをベースに、
自在にカスタマイズができるようになりました。

【キャンパス1】

right

1.操作メニュー
2.レート情報【リスト】
3.ポジション情報
4.注文中明細(注文訂正・取消)<
5.表示ウィンドウバー
6.キャンパスタブ
7.口座状況【グラフ】
8.最新表示・レイアウト保存・ログアウトボタン


【キャンパス2】

1.レート情報【ボックス】
2.約定取引明細
3.ニュース(タイトル用)
4.ニュース(本文用)


【キャンパス3】

1.口座状況
2.ポジション状況【集計表示】
3.入出金明細
4.お客様情報
5.アクセス履歴


自分のトレードスタイルを確立ている上級者には嬉しいですね。
もちろん、FX取引自体が初めてという初心者でも、直感的に操作ができる点で大変使いやすくなりました。

新取引システムの概要

外為オンラインの新取引システムの概要を紹介します。

初回ログイン後に表示される取引画面(キャンパス1)は一見、前バージョンと変わっていないように見えますが、
操作メニューに「ファイル」「表示」「新規注文」が追加されました。

表示されているコンテンツを非表示にしたいときは、画面下部の「表示ウィンドウバー」をクリックしてください。
今見たい情報だけを表示できるので、値動きにも柔軟に対応できて、操作に迷いません。

また、同じコンテンツが複数表示できるようになりました。

コンテンツを画面いっぱいに拡大したいときには、各コンテンツ左上にある「フィットボタン」で。
ワンクリックで自動的に拡大されます。

初期画面状態では気付きにくいかもしれませんが、キャンパスの壁紙部分を右クリックすると、カスタマイズメニューが表示されます。
「フィットボタン」と組み合わせれば、カスタマイズも簡単ですね。

外為オンラインに関する詳しい情報はこちら

次回は、新しくなった新規注文機能について解説します。

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes