TOP » FXセミナー体験レポート » FXトレーディングシステムズ » 第二回 FXトレーディングシステムズ 〜テクニカル編〜

FXセミナー体験レポート

第二回 FXトレーディングシステムズ 〜テクニカル編〜

みなさんこんにちは!@FX編集局の鈴木です★★

この時期、花粉に悩まされている方、多いのではないでしょうか。
御多分に漏れず、わたくしも目薬と飲み薬が手放せません。
薬と鼻づまりのせいで、頭がボーっとして・・・・眠たくて・・・・ある意味で、春眠暁を覚えず・・・・

・・・なんて、言っていられませんね!為替相場は毎日変わりますから♪

さて、第一回のセミナーレポートに引き続きまして、

1. 手数料が無料!なのに1000通貨からの取引ができて、

2. 業界屈指の低スプレッド(米ドル/円0.3銭、ユーロ/米ドル0.5pip~0.9pip、
   ユーロ/円0.8銭~1.2銭)をほこり、

3. 安定した取引システムが定評の・・・・

FXブロードネット」を提供する「FXトレーディングシステムズ」社にご協力いただきました☆

 FXブロードネットの詳しい説明はこちらから

第二回はFXトレーディングシステムズのFXセミナー テクニカル編のレポートです。

(基本情報)
日時:2010年2月10日(水)15:00〜16:30
場所:FXトレーディングシステムズ
定員:30名
→詳しくはこちらから

こちらのテキストに沿って進みます。⇒中を見る?



☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆

それでは講師の人見 正延氏のご紹介からいきましょう。

人見氏は、元々は証券会社で為替のトレードをしており、現在はFXトレーディングシステムズ社のスタッフとして日常の業務以外に、セミナーの講師を担当されています。

「NPO法人 日本テクニカルアナリスト協会 検定テクニカルアナリスト (Certified Financial Technician :略称 CFTe)」の資格をお持ちで、チャートに関してはすべて研究対象にされているとのこと。

「FXブロードネット」は、昨年からテクニカルチャートを次々とリリースしていますが、これらもすべて、人見氏の監修によるものとなっています。
FXブロードネット テクニカルチャート講座へ

この日のセミナーの参加者は、女性5名と男性2名の合計7名。
直前の入門編セミナーから継続して参加されている方もいらっしゃいます。

人見氏の元為替ディーラーとしての客観的な分析と、面白いエピソードを交えた
笑いの絶えないセミナーで、参加者のみなさんからも積極的に質問が飛び交っていました。

もちろん、「チャートに関しては、いつでも質問OKです。」とのことです!

同社の入門編セミナーでは、FXの基礎知識及び取引方法を講義されていますが、
テクニカル編セミナーでは・・・

テクニカル分析に基づいた相場の分析方法と、
テクニカルを使った実際のトレード方法を学ぶことができます。

ここで、実際にこのセミナーで取ったメモの写真です。

入門セミナーと同様、たった一時間半の時間枠ですが、
内容が大変濃いです。
記事を読まれるみなさんに、
「○○社で開催されているFXセミナーは、こんな内容ですよ!」
とご紹介することがこの記事の目的なのですが、
わたくし自身が、真剣に聞き入ってしまいました。

基本的な流れは以下の通りです。

◆ 相場には特徴があることを理解する。
(①必ず慣性(トレンド)がはたらく、②必ず波形を描く、③必ず抵抗帯がある)

◆ トレンドラインを使った抵抗帯の見つけ方。

◆ ボリンジャーバンド、その使い方と売買のタイミングに関して。

二年前の原油価格の高騰を例に、相場の特徴についての話が展開されます。

以下、重要な話としてご紹介します。

トレードの一番の肝、「損切り」のタイミングってみなさんどのように決めてますか?
例えば、一回の損失額は5,000円まで等、自分の懐具合だけを考慮して
損失の許容額を決めていませんか?
自分の懐具合とマーケットは、関係ありません。
相場に関係がないところで、損切り額を決めてはいけません。
損切りのタイミングは、相場を見て決定しましょう。

実際に「FXブロードネット」のボリンジャーバンドを見ながらの解説。

トレーダーの皆さんへ、人見氏からのアドバイスです。

・ おススメはだれもが使っているチャートを使うこと。
・ 一つのチャートだけを使わないこと。
・ 見るチャートは頻繁に変えないこと。
・ どの時間帯にトレードするのか、あらかじめ決めておいた方が良い。

そんなこんなで、時間いっぱいを使ってセミナーが終了いたしましたが、
講義終了後も参加者の方からの質問が飛びかっておりました。

☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆

ということで、まとめといきましょうか。

FXに興味がある方・FX取引を実際に行っている方の多くが、FXで資金を増やすことを目的とされていると思います。
FXにおける儲けとは、「安く売って高く買う」か「高く売って安く買うか」のどちらかになりますよね。
その安いか高いかを判断するために、実際の相場を分析する必要があります。

一般に知られている分析方法には、「ファンダメンタルズ分析」と「テクニカル分析(チャート分析)」がありますが、
「テクニカル分析(チャート分析)」に重きを置いた、FXトレーディングシステムズさんのテクニカル編セミナーでは、

相場の特徴から、相場の動向を判断し、適切な損切り管理をした上で、

売り買いのタイミングを把握するための、チャートの使い方をしっかり押さえることができます。

※もちろん、テクニカル分析だけを頼りにしていてはいけません。やはり大きな相場動向を判断するには、ファンダメンタル分析が効果的とのことです。

また、ボリンジャーバンドで相場を読み解きつつ、利食いのタイミングに関しても言及されていました。
このあたりは、実際にセミナーに参加していただいた方が、より理解が深まると思いますよ。

いつ買って、いつ売るのか、(もちろん逆もしかり)、損切りはどう管理するのか、
しっかりと計画を立てて取引していこうと考えている方、参加されてみてはいかがでしょうか?

FXトレーディングシステムズ様、セミナーに参加させていただき有難うございました。

★☆FXトレーディングシステムズセミナーの申し込みはこちらです☆★
★☆FXブロードネットの口座開設はこちらです。☆★

お知らせ

第二回のレポートにお付き合いいただき、ありがとうございます。
@FX [あっと!エフエックス]では、セミナーに関するレポートにご協力いただける事業者様を募集しております。

問い合わせページからのご連絡をお待ちしております^^

提供: FXトレーディングシステムズ
☆ボリンジャーバンドとDMIなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes