TOP » 毎朝読みたい!本日の市況 » 2016/4/8のドル円相場の考察

毎朝読みたい!本日の市況

2016/4/8のドル円相場の考察

先週のドル/円相場の動きをテクニカルで検証してみます。


拡大画像はこちら

チャートは、ドル/円の日足、一目均衡表RSIを表示しています。

先週のドル/円相場は、終始ドルが軟調な推移となりました。
特に、6日発表の3月の連邦公開市場委員会(FOMC)議事録で、
米連邦準備制度理事会(FRB)が「世界リスクの上昇で、
警戒が正当化される」との方針がコンセンサスであったことが
確認されたことでドルやクスが加速、7日には一時107円67銭まで
上昇し、2014年10月29日以来の108円割れとなりました。

その後週末には、麻生財務相が為替市場の動向に関し「一方向に
偏った動きが見られるのは確かだ」とした上で、「緊張感を持って
見守っているところだが、場合によっては必要な措置を取る」と
語ったことを受け、109円台まで買い戻される局面がありました。

もっとも、週末の海外市場では14、15日にはワシントンで
G20財務相・中央銀行総裁会議が開催されること、さらには5月の
伊勢志摩サミットを控えていることなどを考えると、自国通貨安を
防止するための円売り介入は難しいとの見方が支配的となり、
結局108円前半まで下押しして週を越えることとなりました。

今回の急激な円高の背景には、日欧の中央銀行による
積極的な金融緩和策よりも、FRBの利上げが緩やかになる
という米国の中央銀行の政策が強く影響したといえそうです。
その意味では、日本銀行がさらにマイナス金利を
押し進めても、米国の利上げ速度が上がらない場合は
円を押し下げることは難しいということになります。

ただし、テクニカルで見ると、価格が下がり続けるなかRSI
水準が下げきっておらずダイバージェンスが形成されています。
これは、価格が既に十分売られ過ぎていることを指しており、
いつ反転してもおかしくない状況です。

G20の協議の行方次第では、
相場が落ち着きを取り戻す可能性もあるかもしれません。

提供: FXトレーディングシステムズ
一目均衡表RSIなら、使いやすい各種チャートが充実のFXブロードネット
@FX編集局からのオリジナルレポートも配信中 ⇒ココから

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes