TOP » 経済指標 » 米国個人所得

経済指標

米国個人所得

重要度:★★★☆☆☆
発表日:毎月月末
発表機関:米商務省

米国個人所得とは、社会保険料を控除した後、米国の個人が受け取った所得を集計したものです。所得が増加することにより、消費も増えると考えられており、消費動向を裏付ける要因とされています。消費活動が向上すれば、税収向上が期待できるため、米経済に対して緩やかに遅行する指標と考えられます。ただし、米国経済を判断する上で、消費活動以外にも様々な指標があり、必ずしも個人所得の増加が直接的な要因とはならないため、指標としての注目度は雇用統計らに比べ低いとされています。

米個人所得攻略方法

アメリカ個人所得の発表結果とあわせて米国個人消費支出結果が開示されます。個人の収入と支出の結果及び前回発表時からの推移を判断材料としてみます。金融当局はインフレ政策の判断指標として個人消費支出を重要視しているため、支出に対して相関する個人所得にも注意が必要です。一般的には個人所得の増加が消費の増加に大きく影響を与え、かつ、GDPの半数以上を個人消費で占められている米経済において、GDP先行指標として参考にすることができます。

米経済を即占う指標ではありませんが、発表時にはスプレッドが大きく開く可能性がありますので、指標発表時に取引する事業者をひとつ決めておくのも良いかもしれませんね。

@FXでは、ドル円スプレッド1銭固定の外為オンラインをオススメしています。

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes