TOP » 経済指標 » 中古住宅販売保留

経済指標

中古住宅販売保留

重要度:★★★☆☆☆
発表日:毎月10日ごろ
発表機関:全米不動産協会 NAR(The National Association of Realtors)

この指標は中古住宅販売のうち、売買契約契約が成立した件数の中で、権利移転完了までの住宅の比率を示します。中古住宅販売件数より重要度が低そうな印象ですが、勝るとも劣らない影響力があるため、注意が必要です。中古住宅販売保留が減ると、中古住宅販売件数が減少することを示唆し、米国の景気を判断する材料となります。

中古住宅販売保留攻略方法

住宅市場はアメリカリセッション(景気後退)の根本的な問題となり、景気回復の鍵を握りますので注意が必要です。中古住宅販売保留指数が予想と比べ大幅に下がると、米経済の低迷が加速すると判断し、クロス円にも円買いが波及する可能性があります。

※本サイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害についても弊社及び執筆者は一切の責任を負いかねます。
あわせて読みたい
ページトップ
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes